浪花乃月作詞集

飛梅 (コメント数:1)

1 浪花乃 月 2017-07-17 08:58:33 [URL]


120 x 90
飛梅

(セリフ)東風(こち)ふかば にほひおこせよ
梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

1
都の夢は 遠い日に
主(ぬし)さえ見えず 春も来ず
芽吹(めぶ)きし花に 涙(なみだ)雨(あめ)
蕾(つぼみ)のままで 枯れるなら
千里の道さえ 一夜(ひとよ)で越えます
大宰府(だざいふ)の宮

2
枝さき白く 寄り添いて
ひっそり咲いた 白梅(しらうめ)の
仄(ほの)かな香り 主(ぬし)の為
浮世(うきよ)の宵に 命かけ
夢見の中さえ 一夜で越えます
大宰府の宮

3
結びの縁(えにし) 幾たびと
優しい吐息 枝揺らし
添い寝の褥(しとね) 重ねれば
この世の幸と 悠久(ゆうきゅう)に
幾重(いくえ)の時さえ 一夜で越えます
大宰府の宮

*******************
飛び梅伝説を題材に、
菅原道真を慕う梅の花を、表現してみました。
ad
返信フォーム
ニックネーム:
30文字以内
メールアドレス:
* メールアドレスは非表示ですが、迷惑メール等受信する可能性があります。
URL:
* メッセージ: [絵文字入力]

1000文字以内
文字色:
画像: 600 kバイト以内
* 編集・削除パスワード: 英数字で4文字以上8文字以内
* 確認キー:   左の数字を入力してください
* 印の付いた項目は必須です。

(c)Copyright mottoki.com 2007- All rights reserved.