浪花乃月作詞集

ひとひら (コメント数:1)

1 浪花乃月 2017-01-04 11:28:53 [URL]


96 x 128
ひとひら




所詮(しょせん)叶わぬ 恋だと気付き

解っていながら なおさら愛し

追ってみたとて 過ぎ行く春は
 
急ぎ足で 駆けてゆく

せめて桜 舞い散る中で

今宵は ひとひら 夢にみて




約束できない 人だと気付き
 
それでも待ちます もしやと思い

ひとときだけの 情(なさ)けも遥か

弥生の空に 消えてゆく

せめて桜 散りゆくならば

想いを ひとひら 風に載せ




逢いたい逢えない 縁(えにし)と気付き 

生まれた性(さが)さえ 悔やんでみても

あなたが悪い 理由(わけ)でもないし

けれど逢いたい 今一度

せめて桜 散りゆく下で

抱かれて ひとひら 腕の中
ad
返信フォーム
ニックネーム:
30文字以内
メールアドレス:
* メールアドレスは非表示ですが、迷惑メール等受信する可能性があります。
URL:
* メッセージ: [絵文字入力]

1000文字以内
文字色:
画像: 600 kバイト以内
* 編集・削除パスワード: 英数字で4文字以上8文字以内
* 確認キー:   左の数字を入力してください
* 印の付いた項目は必須です。

(c)Copyright mottoki.com 2007- All rights reserved.