total:21967 today:7 yesterday:11

私の体験談を聞いて

[すべてのスレッドを一覧表示]
スレッド名コメント作成者最終投稿
同級生と・・・パート31 みう 2014-01-07 21:58:19 みう
同級生と・・・パート21 みう 2014-01-07 21:57:15 みう
同級生と・・・パート11 みう 2014-01-07 21:56:01 みう
ソフトな内容ですが1 レナ 2014-01-07 21:54:50 レナ
昨日の出来事1 緒杜菜 2014-01-07 21:53:31 緒杜菜
本当のレズ51 あゆみ 2014-01-07 21:52:23 あゆみ
本当のレズ41 あゆみ 2014-01-07 21:51:13 あゆみ
本当のレズ31 あゆみ 2014-01-07 21:50:19 あゆみ
本当のレズ21 あゆみ 2014-01-07 21:49:02 あゆみ
本当のレズ1 あゆこ 2013-08-08 08:55:52 あゆこ
1 みう 2014-01-07 21:58:19

リンスを流し終わって湯船の二人を見ると、確かに並んで座ってるけど何に
もしてないみたい・・・。
気のせいだったのかしたら?
私が洗い終わったのを見て、マミが『今度は私が洗うわ』って。レイカは
『私は長湯が好きだからミウ、一緒に入
ろっ!』って湯船から出ないの。

女同士だけど、湯船に入るときに跨ぐの恥ずかしいなぁって思ってると、レ
イカはそれを察してくれたのか
反対側に顔を向けてくれたの。
その隙に湯船に入ったの。レイカと対面に座ろうか迷ったんだけど、レイカ
が同じ向きの隣に座ってたんで
私も『横に座っていい?』って聞くと、『もち!いいよ』って笑ってくれ
た。

マミが体を洗ってるのを何となしに見てた・・・。
おっぱいがおっきいのに垂れてなくて、とっても綺麗な形。
乳首はピンクよりもっと薄い色。
あんなおっぱいになれたらなぁって、ついじっと見ちゃった。
あんまりマミの裸が綺麗だから、ちょっとだけ変な気になっちゃっ
て・・・。マミが足を洗う時にチラチラって
下の毛が見えるんだけど、どきどきしちゃった。こんなの初めて。

そうしてる間に、私の体に当たるレイカの体を意識しちゃうようになった
の。
触れるか触れないかみたいな感じなんだけど、それが余計に意識しちゃっ
て。
レイカも一緒みたいだったんだけど、ふっとレイカの手が私の太ももに。
『ミウの肌ってすべすべね』って言いながら、太ももを擦るの。手を動かし
ながら指も動いて・・・。
自分がエッチな気分になってるの気付かれるの嫌だから『そんなことないよ
~、レイカだって綺麗だよ~』
って必死に誤魔化した。(笑)

マミは体を洗い終わって頭を洗い出したけど、『ごめんねー、私のトリート
メント10分放置のやつだから
時間かかるよー』だって。なんかレイカと一緒の時間が増えて得した気分。
レイカが『ごゆっくり!私は長湯好きだし、まだ1時間ちょっとお風呂借り
れてるからね。』って答えた。
そう言いながらも、レイカの手はずっと私の太ももを行ったり来たりして
る。
なんかだんだん付け根の方に近づいてるような・・・。
レイカを見ると、目を瞑って上を向いてる。
期待はずれ?そりゃそうよね。その気があったら、知り合って6年も経つん
だしそれまでに仕掛けてるわよ。

トリートメントを頭につけて、下を向いたまま指でゆっくりマッサージして
るマミを見る私。
こんなマミの裸を近くで見て、レイカとお風呂に入って・・・。男どもが泣
いて羨ましがるだろうなぁ。
そんなこと考えてると、私の耳にレイカが顔を近づけて
『なんか筋肉が硬くなってるよ。揉みほぐしてあげよっか?』ってちっさな
声で言うから
『えっ?そう?じゃあ、お願いしていい?』って言うと
『もちよ!ここの筋が硬いんだよね』って太ももの付け根のところを揉みだ
したの・。

親指がお腹の方を向いてて、人差し指以下はお尻の方。
なんか恥ずかしい・・・。
手を上下に動かしてマッサージしてくれるんだけど、人差し指が私のあそこ
にたまに当たるの。
そのうち、レイカったら左手を私の背中に回して、私に寄りかかるようにし
ながら、右手でマッサージを
始めちゃって・・・。
だんだんと私のあそこばかり擦りだしたんだけど、ちょっと期待してたし、
マミに知られるの恥ずかしいから、
知らん顔して目を瞑って上を向いてたの。
そしたら、レイカの人差し指があそこだけじゃなくってクリトリス触れだし
て、思わず声が出そうに
なっちゃった。『うむっ!・・・くっ!・・・』って・・・。

『感じてきた?』耳元でちっさな声で聞いてくるんだけど、耳にレイカの息
がかかることも刺激になっちゃって
『あっ、あんっ!・・・・だめ・・だめだよ・・・』って言うのが精一
杯・・・。
『気持ちいいんでしょ?ほーら、ミウのここネバネバしてるよ』って言うレ
イカ。
レイカがこんなことするなんて、信じられない反面、嬉しいの。いつかこん
なことになったらって期待してた
のかも・・・。

私の背中に回した左手で私の左の乳首を触りだし、右手はさっきよりスピー
ドを上げて・・・。
『あんっ・・・、あんっ・・・、んっ!・・・だめ・・・もうだめだっ
て・・・』
もう声を抑えられない。マミに聞こえちゃう!
目を開けるとマミがこっちをみて笑ってた。
『声出してもいいよ。イっちゃいなよ。』って。(汗)

それを聞いて我慢しようとしてた私の中の何かが外れたの。
『はっ!はっ!うむっ!・・・ん・・・あんっ!あんっ!・・・はんっ!あ
ーん!』
自分がこんな声出すなんて夢にも思ってなかった。1回だけマミの家で見せ
てもらったマミのお兄さんの
内緒のビデオに出てくる女優さんみたい。
あれって演技だと思ってたけど違うのね。自然と出ちゃうの。あんな声が。

『イキそうなの?イキそうなんでしょ?』レイカはそう言いながら物凄いス
ピードで手を動かすの。
『あっ!あっ!・・・もうっ・・・もうだめっ!だめっ!だめっ!あっあ
っ!あーーーーーー!!!!!!』
初体験・・・。初めてイクっていうのを体験した。
シャワーがあそこに当たって気持ち良かったことはあるけど、それ以上はな
んか怖くて、友達から聞いても
オナニーってしたことなかった私・・・。
それが、同性の友達にされて気を失いそうになるくらい気持ち良くされ
て・・・。

しばらく脱力状態で体が動かなかった・・・。
『ねえねえ、大丈夫なの?』
『のぼせちゃったんじゃない?』
耳元なのに遠くに聞こえるレイカとマミの声。
だんだんと近くに聞こえるようになって体も動き始めたの。
急に恥ずかしくなって
『もう!レイカったら、恥ずかしいじゃないよ~!』って言うと、『だって
ミウ可愛いから・・・ごめんね』
だって。(赤面)

それからレイカが体を洗うのに湯船を出て、代わりにマミが入ってきた。
ほんとは私、そろそろ出たかったんだけど、なんかマミに悪いと思って、そ
のまま入ってた。

私が髪を洗ってた時のレイカのくぐもった声。
その意味が分かった。マミがレイカにしてたんだ。
それを分かっててマミと湯船に入ってる私・・・。
ほんとは期待してたの・・・。
生まれて初めて味わったあの気持ちよさ!またされたい!って。

ドキドキして湯船につかってたけど、マミは何もしてこないの・・・。私っ
て魅力ないのかしら?
結局なにもなく3人でお風呂を上がった。
さっきのが夢だったみたいに、レイカもマミもいつも通り。
ベランダに出て夜空を見たり、トランプをしたり・・・。

そろそろ寝よっかとなって、ツインベッド+エキストラベッドだったんだけ
ど、3人とも一つのベッドで
寝ることにしたの。だって、可哀想じゃない?誰かがエキストラベッドだな
んて。

枕をもう一つのベッドから持ってきて、私が真ん中、レイカとマミは私の左
と右。
マミがリモコンでテレビを付けたんだけど、気にせず目をつむってたら、
『オウ!オウ!アオーウ!』って
物凄い声!
びっくりしてテレビを見たら、画面いっぱいに女性が二人でセックスしてる
の!しかもモロ見え!
そっか・・・、海外はモザイクがないんだ・・・。感心する私とキャッキャ
と騒ぐレイカとマミ。
 
1 みう 2014-01-07 21:57:15

そこまで来て、マミが
『うふふ、さーて答えなさい。ミウ。おっぱいのサイズはいくつ?』って聞
くから、
『だからマミやレイカよりちっさいって!』って誤魔化すと『ふーん、教え
ないんだ・・・。じゃ計ったげる!』
そう言って私の後ろに回りこんで抱きついてきたの。
レイカはイルカの反対側に掴まってニコニコ笑ってる。
マミにおっぱいを掌で包まれて『キャ!ちょっとぉ!エッチ~』って言う
と、マミったらやめるどころか
手で私のおっぱいもモミモミしだしたの。
イルカから手が離れたらおぼれちゃうんで、私はイルカに掴まってどうする
こともできないでもがいてると、
マミったら『みーつけた!ミウのち・く・び!』って私のおっぱいの先っぽ
を指で摘んでクニュクニュしたの。
『あっ!』って感じ・・・。
たんまにお風呂で体洗ってて、乳首に触れるとビク!ってすることあるけど
(特に生理前)、そん時はすぐに
手を離すけど、マミはずっとモミモミしたまんま。

体が勝手にビクッ!ビクッ!って痙攣したみたいになっちゃって、『あっ、
あんっ』って小さな声が出ちゃった。
なんかそんな声出したことが恥ずかしくって、顔が真っ赤になっちゃった。
でも、幸い二人には声だしたの
バレなかったみたい・・・。
でも、そのうちマミが『あっれー?やだぁ、ミウ感じてるのぉー?乳首立っ
てきちゃったよ~』って言うから、
『もう!マミがそんなことするからじゃん!』って言い返すと、
『でも女に揉まれて乳首立てたりしないよねぇ?レイカ』って反撃された
の。レイカが庇ってくれるって思ったら
『ミウって可愛い顔して結構エッチなんだね』って笑ってる。そんな
ぁ・・・友達だと思ってたのに(涙)

『可哀想だからやめてあげるね。ミウのおっぱいは推定83センチ!感度良
好!』って言いながらマミが手を
離してくれた。げっ!当たっんじゃん!83センチ・・・。
たまたまだろうけど、びっくりしちゃった。

海からホテルに戻って、レストランでバイキングを食べてお風呂へ!
このホテルって海外では珍しく家族風呂みたいなのがあるの。
まぁ、客のほとんどが日本人だし、経営してるのも日本人らしいから珍しく
ないか・・・。
どうせなら部屋のユニットバスよりも3人で家族風呂に入ろうってことにな
って、フロントに90分の独占予約。

脱衣所の鍵をしっかり閉めて、お風呂ターイム!
畳3畳くらいの脱衣所なんでちょっと窮屈・・・。
合宿でお風呂に一緒に入ったことがあるとは言え、狭いところでお互い裸に
なるのってなんか恥ずかしい・・・。
マミとレイカはさっさと脱いじゃって、『ミウ早く~』だって・・・。
待ってくれなくていいから先に入ってよ~(汗)
よけい恥ずかしいじゃない!
そんな私の気も知らないで二人は私がパンツを脱ぐとこニヤニヤして見てる
の。変態!

お風呂の中は洗い場は一人分。
湯船は二人なら十分、3人はちょっと窮屈そう。
マミとレイカがかけ湯をして先に湯船に入ったんで、私は体を洗うこと
に・・・。
そんなに日差しはきつくなかったけど、ちょっとヒリヒリ。
明日は日焼け止め塗ろーっと!
そんなこと考えながら体を洗って髪を洗ってると、なんか湯船からレイカの
くぐもった声が聞こえた気がしたの。
『ムッ!・・・ハッ!・・・』みたいな感じの・・・。

私は頭洗うとき下向いて洗うから見ることはできないの。
シャワーの音もあるし、聞き違いかな?って納得してシャンプーを洗い流
し、リンスをするのにまた下を向くと
また『クッ!・・・ウンッ!』ってレイカの声がした気がしたの。

さっきと違って今度は結構はっきりと聞こえた。
それもいくら鈍感な私でも普通の声じゃなくって私がマミにおっぱい揉まれ
た時に出したみたいな声。
私はまたマミがレイカにちょっかい出してるんだと思って、
『ちょっとぉ、マミ、またレイカに変なことしてんじゃない?』ってリンス
流しながら言うと
『失礼ね、私はなーんにもしてないわよ』ってマミの声。
 
1 みう 2014-01-07 21:56:01

3月、高校卒業記念旅行の時のことです。
私の高校は女子大付属で中学からエレベーター式です。
普通に勉強してれば、そのまま中学から高校、高校から女子大にいけるの
で、受験勉強なんてしてことありません。

そんな気楽さもあって、3月に高校卒業したあと、仲のいいマミ、レイカと
グアム旅行に行きました。
マミもレイカも私のことを可愛いって言ってくれますが、私からするとマミ
やレイカこそミス○○○高校です。
現に、他の高校から男どもがしょっちゅう彼女たちを見にコートまで来てま
した(私たちテニス部なんです)し、
一緒に通学してたけど、1年に何回もラブレターもらってました・・・。

マミはショートヘアで超美男子系!レイカはお父様がおっきな会社の部長さ
んで豪邸に住んでる超お嬢様で、美人過
ぎて最初は冷たく感じるけど、ほんとはとっても明るくってあの娘の笑顔な
んて同性の私でもドキッとしちゃう!
おまけにどっちもスタイル抜群で運動神経も抜群!
そんなわけで、二人とも女子中時代から後輩はもちろん同級生や先輩からも
告られてた(笑)
私もそりゃ何人かは告ってくれた後輩いるけど、数が違う!

前置きが長くなっちゃったけど、そんなこんなでマミやレイカに旅行誘われ
た時、とっても嬉しかった。
中学から一緒だから6回テニスの合宿で一緒だったけど、友達として旅行す
るのはこれが初めて!
私のうちって結構うるさいから外泊なんてさせてもらえなかったし・・・。

グアムは初めてで、手配はみーんなレイカがしてくれたの。
お父さんの口利きでホテルの部屋をランクアップしてくれたそう。さすがは
お嬢様!
着いたその日から海に繰り出したんだけど、3人とも約束通り超ビキニ!マ
ミもレイカもおっぱいが大きいから
水着からこぼれちゃいそう(笑)

『すっごーい!二人とも!みんな見てるよ~』って言うと、
『何いってんのよ。みんなが見てんのはミウだよ。ほんっとあなたって鈍い
んだから。今だから言うけど、
通学中とかにもらったラブレターって、半分はミウに渡しってって頼まれた
やつだよ。頭きてみんな捨てちゃった
けど・・・』
ひどーい!そんな中に私の白馬の王子様がいたかもしんないのにー・・・。
でもいいや。男の人と遊んだことないし、付き合うって言ってもどうしてい
いか分かんないもん。

そう言えば、6年も付き合ってんのにスリーサイズも知らないわ。
『ねえ、マミ~。バストいくつあんの?』って聞くと『88よ。レイカより
ちょっと小さめなの』
するとレイカが『でもマミの方が形は綺麗だよ~。それに色も・・・』って
言って、なんか『しまった!』って顔!
色が綺麗ってどういうこと?一瞬そう思ったけど、合宿でお風呂に一緒に入
ったからその時に見たのかな?って
納得しちゃった。

『あなたはいくつなのよ?』って聞くから『えー!マミやレイカほどないよ
~』って誤魔化すと、
『なによ~、人に聞いといて~!よーし!』って言ってマミがレイカに合図
して二人で私の手を引っ張って
海に連れて行かれたの。泳ぎはあんまり得意じゃないんで、ビーチで借りた
イルカの浮き輪に掴まって
『もうー、あんまり沖に連れて行かないでよ~』って言うのに二人にどんど
ん沖に連れて行かれたの。
ほんとの春休み前だから、グアム自体そんなに観光客来てないし、ビーチか
らちょっと沖に出たら遠くにヨット
がいるくらいでだーれもいないの。
 
1 レナ 2014-01-07 21:54:50

私は25歳のアクセ販売員です。

今まで女の子を好きになっても恋愛感情かわからず実際に付き合った事はないです。先日こんな経験をしました。

新入社員のあやと2人で残業してる時

「レナさん女子校だったんですよね?友達から告られた事…あります?」と聞かれた。

「いつも手を繋いできて冗談で好きって言われたけど…」と答えると

『その時どう思いどうしたか』と興奮しながら次々に質問され

「いや!ちょっと待って!あのね…」私は動揺してアクセをかける什器を足に落としてしまった。

「大丈夫ですか!?」と駆け寄りしゃがんだあやを見ると、

短いスカートの下から黒とピンクのパンツが見えた。

私は顔が熱くなり「大丈夫!」とうつむいたまま返事をした。

あやが私の内股を見て「あ!切れてるじゃないですか!」と触れた瞬間「ぁ…」と声が出てしまい、

私はすぐに「いや、こんなすり傷大した事ないから!」とごまかした。

あやも急に顔を真っ赤にして「…手当てします」と備え付の救急箱を取りに行った。


「少し開いて下さい…」とヒザに触れ内股に消毒液をかけた。

自分でも出来る事なのに2人きりの店内で少し足を開いた私は恥ずかし過ぎて黙って手当を受けました。
 
1 緒杜菜 2014-01-07 21:53:31

短大時代に経験した女性同士の関係の快感が忘れることができず、
たまにここを拝見してドキドキしています。

私は32歳。とある会社の契約社員です。

先日勤務先でアルバイトをしている同じ年の明美さんがご主人の転勤のためやめることになりました。

明美さんとは同じ歳ということもあり、話題も共通なところも多く
互いに何でも話せる親友です。

「旦那とは1年位していないなぁ~。さびしいんだよねぇ。

 ホント、生理前なんかしたくてしたくて。いい男がいたらやりたくてしょうがないんだよね」という話になったとき

『女もいいよ』

「女と?でも、緒杜菜ちゃんだったらしてもいいかな!」

なんて冗談のように話したこともありました。

昨日明美さんの送別会がありました。

私は連休前に仕上げなければならない業務があったので1時間ほど送れて出席。

明美さんは相当酔っ払っていることにすぐに気づきました。

私を見つけた明美さんは私の隣に座りました。

すると明美さんはテーブルの下で私の手をギュッと握ってきまた。

“えっ?”私はもうドキドキ!

と思ったら、太ももをやさしく触られました。

『明美さん、まずいよ。みんな見てる・・・・・・・』

「いいじゃん、見られたって。緒杜菜のこと好きなんだもん」

明美さんはどんどんエスカレートして軽くキスしてきました。

『おい、お前ら何やってんだよ』と、部長。

「私、酔っ払うとキス魔になっちゃうんですよ~。女の子とだね」

明美さんは容赦なく何度も何度もキスをしてきました。舌を入れようとするんだけど、私は同僚の視線に耐えられず、拒み続けました。

「私のこと嫌いなの?」とパンツの中に指を入れ、

まさぐりながら聞いてくるんですが、もう頭の中は酔いも手伝い、パニックになってしまいました。

気が付いたときには、私はなぜかホテルのベッドの上。明美さんに
全身を丁寧に丁寧に舐めまわされました。
 
1 あゆみ 2014-01-07 21:52:23

クチュ、クチュとやらしぃ音が私の「あ、あん…‥」と言う声とともに部屋に響く…

快感のままにしているとまゆみが

『私の匂いが好きなんでしょ♀』と言いながら、

さっき脱いだばかりのまゆみのパンティが私の顔に…

下着は少し湿ってるような…私ってやっぱ変態かな…

と心で想いながらまゆみのパンティのあそこの部分に鼻を押し付けた。

『あゆみ、やらしぃ…どこの匂いをかいでるの?』

「ま、まゆみのあそこ…」

『じゃ、それ舐めて見せてよ!』

言われるまま舐めて見せる☆その瞬間、まゆみのあそこから、ついさっきまでとは違いが分かるぐらいの愛液が私の指先にクチュ、クチュと絡みだした…

『あ、あゆみ、すっごぃやらしぃ…』

私がまゆみによく見えるようにさらに激しくパンティのあそこの部分に貪りつくと

『じゃ今度はココ…舐めてみて!』って指差したのは、

まゆみのあそこだった☆ 私ももう止まらない…

すぐ69になった!まだ毛も少ないあそこはキラキラとキレイ…

「まゆみのあそこ、キレイ!」

『あゆみのあそこは、濡れててすっごいやらしぃ…』

そんな事を言ってから、どちらからともなくお互いのあそこをチロチロと舐めだした☆

クチュ「あ、あん、いぃ」

『あん、あ、あん

私は結構、頑張って舐めたつもり…

でも、しばらく69してたけど二人ともイかなくて結局、オナニーの見せ合いをまたする事になり昨日より一層やらしく激しくオナってイッちゃったの☆

それから8年、今では本当のレズになり3PソフトSMにはまってます(^ε^)-☆Chu!!

沢山、メールもらったけど、パートナーはお互いの許可なしに増やせないのが私達のルールなの…

たから、ごめんなさい☆そして最後までありがとう☆ あゆみ
 
1 あゆみ 2014-01-07 21:51:13

まゆみは『安心した~けど、今日、私に心配させた分おしおきするよ☆』

そう言ってから、私の口をまゆみの口がふさいだ…少しビックリして、とっさにもがきながら

「下にお母さん居るのに…」って言い訳したら

『いぃの☆』ってまたキスされた…

だんだん私もノッて来て舌を絡ませ合う…

まゆみの手が私のパジャマの上から胸や腰、おしりとだんだん下がってく…

私の耳元でまゆみが『あゆみだ~い好き☆』って囁く、

その時、まゆみの汗の香りが私を狂わせる…

まゆみに体をまかせようとベッドに横になる…

それに答えるように、まゆみの手が私のあそこに…

「あっ、うん…」何だかやっぱり恥ずかしぃから声をガマンしてると

『下のお母さんに聞こえなきゃいぃんだから、いっぱい聞かせて…』

そう言われ、他人にあそこを触られる快感に浸りながら自然と声が

「あ、あん、うん」

『あゆみ、気持ちいぃ?私に分かるように言って…』

「あ、あん」

『ほらハッキリ言って…止めちゃうよ!』

そう言われて私は「き、気持ちいぃよ☆ 私もまゆみのあそこ触りたい…」そう言うと、

私の手をまゆみが自分自身のあそこに導いてくれた。

私もオナニーする時みたいにまゆみのあそこを擦ったりツンツンしてみた!

まゆみのあそこは熱く汗かも分かんないけどずっと前から湿っていたような感じがした!

どれくらいお互いのあそこを触ってたかは分からないけど、突然、まゆみが上下の服を脱ぎだし全裸に…

私も全部脱ぎ、抱き締めあったの…お互い体が熱い、

まゆみが私の乳首を吸う…右手は何も着けていないあそこを刺激する☆また、書きますね!
 
1 あゆみ 2014-01-07 21:50:19

みんなが応援してくれてるみたいだから、続けます☆【次の日】       
まゆみと流れとは言っても、あんな事になってしまって、絶対、まゆみは私の事変態だと思ってるんじゃないかと不安で部活休んじゃった(>_<)

夕方になって、やけに家の電話がうるさい!うちは共働きだから私だけ…出たくなかったけど、

あんまりうるさいから、不機嫌そうに「はぃ」って出ると…

電話の向こうに、まゆみが『あ~やっと出た~…風邪でもひいた~?あゆみ、居ないから部活つまんなかったじゃん!!先輩にはこき使われるし~』

「ごめん…ちょっと…」言葉に困った…

『とりあえず、あゆみんちに今から行くから…』それだけ言って勝手に電話は切れた!

しばらくして、まゆみが息を切らしながら本当に来た。

私は、来ないと思ってたからパジャマのままだし、部屋には昨日、帰った時のままのカバンやらなんやらが散乱していた…

でも、玄関先で居るのも変だから2階の私の部屋に上がってもらった…

『とりあえず、何か飲ませて…』そう言われて私は牛乳を持って来た!まゆみは、

汗だくで牛乳を飲み干した後、私の額に手をあて『熱、ないじゃん!』マジで私の事を心配して来た事に感動して黙ってると…

『どうしたの…?』

「………」

『良かったら話してよ…』

そう言われても何にも言えない私にまゆみが

『昨日の事、怒ってるの…?』

『ごめんね!でも、ずっと何となく、あゆみが私を見てるような気もしてたし、私、あゆみの事好きだよ!!』

『女同士で変かもしれないけど…』そこまで、一気に言ってから言葉が止まった…

そこに、玄関を開ける音がお母さんが帰宅したのだ。

私はお母さんにまゆみが来てるから…とだけ断って、

部屋に戻った…そして意を決してまゆみに「良かった…ずっとまゆみと昨日みたいになりたかったの…私もまゆみが好きだよ!」

自分でも不思議だけど言葉にしたら楽になったような気がした☆また④書きますね!
 
1 あゆみ 2014-01-07 21:49:02

「あっ、うん、ま、まゆみ…イッちゃう…」その時でした!

『まだ、ダメよ!あゆみ!』私は、ハッと素に戻り…声の方を見ると、そこには、まゆみが…。

なんて言ったらいぃか分からず声もでない私にまゆみは黙ったまま近づき、私の目の前で、ゆっくりと自分のパンティを脱ぎました。

そして脱ぎたてのパンティを私の手に持たせると『ねぇ、これ使ってもっとあゆみのオナニー見せて☆』私はその時、初めて声にならないような声が出た。

「えっ!だって…」

『ずっと、分かってたよ!!あゆみが私のブルマでオナってるの…』

とっさに私は恥ずかしくなり、うずくまってると、まゆみの手が私の手を掴んで、私自身のあそこに…

『ほら、こうして…ここをクリクリするんでしょ? 早くしてみせて…私もあゆみの前でするから…』そう言って、

まゆみは自分自身のあそこを私に見えるようにM時に足を開き、オナニーを初めた!

ビックリしたけど、まゆみももうぐしょくしょで、私も、まゆみに見て欲しくってお互い向かい合ってのオナニーをしたの!

「まゆみ…もぅイッちゃう」

『あ、あゆみ…いぃよ、一緒にイッちゃおぅ』

「あ~ん、イックー」『あ、あゆみ、見て…私もイックー…』その後はまた今度書きます♀
 
1 あゆこ 2013-08-08 08:55:52

私(あゆみ)が中1の夏休み! 同級で同じ陸上部のまゆみとは小学生からの仲良し☆

私には、ずっとまゆみには絶対言えない秘密があった! 

まゆみは何かと先輩に睨まれてて、いつも部活のかたずけやパシリ的に使われ、

逆に私は先輩に好かれていたため部活を終わるのも早かった!

ある日、まゆみが部活の後、先輩のパシリに行かされてる時、私は密かにチャンスと思い、まゆみの部室のロッカーを開けた☆

そこにはいつものように私の秘密の種があった。

そう、私は、まゆみがタップリ汗を滲ませた体操服(ブルマ)を手に取り、今さっきまで着ていた感触に浸りながら、

あそこをクリクリとオナニーに没頭していたのだ…しかし、その日は少し違った…『続きはまた書きます♀』