total:18516 today:1 yesterday:8

私の体験談を聞いて

[すべてのスレッドを一覧表示]
スレッド名コメント作成者最終投稿
嵐の夜に1 美優 2016-02-25 19:28:26 美優
姉が1 由佳里 2016-02-25 19:27:35 由佳里
ずっと続けていきたいです・・1 美優 2016-02-25 19:26:12 美優
嵐の夜に1 美優 2016-02-25 19:25:17 美優
迷っています1 直美 2016-02-25 19:24:29 直美
無題1 裕美 2016-02-25 19:23:42 裕美
わかりません1 ゆっこ 2016-02-25 19:22:51 ゆっこ
アメリカの子との思い出1 友華 2016-02-25 19:21:58 友華
8月14日1 礼香 2016-02-25 19:20:57 礼香
あれはッ1 ぴーすちゃん 2016-02-25 19:19:56 ぴーすちゃん
1 美優 2016-02-25 19:28:26

各地に被害をもらたした台風9号。あの日…

わたしは 大学の近くのマンションなので、被害と言えば ビニール傘が壊れたくらいでした。
シャワーを浴びて、帰り途中に買って来たお弁当を 食べようとした時、携帯が鳴った。[舞]だ☆舞は 同じ大学の友達、実はわたしは 会ったその日から、このコを好きに なっている。モチロン、告白等してないし、気持ちを悟られないようにしている。
その舞が、バイト終わって帰ろうとしたら、台風の影響で電車が止まってて 帰れない、どーしょーという電話だ。「うちに来れば」途中まで迎えに行き、部屋に戻った。
「凄かったねー傘二人共こわれちゃったねー」
「うん、歩くのもやっとだったもんね」

傘も壊れ、二人共びちょ濡れ。シャツが透けてオレンジ色のかわいいブラが見える。ドキドキと胸が高鳴り、声が震える。
「舞、お風呂入らなくちゃ、風邪ひいちゃう、よ」
「美優だって、ビッチョリじゃない、一緒に入ろー(笑)」
くったくの笑顔の舞に 自然に「うん」と答えられた。
初めて見た、舞の身体… 想像していたとうり、まっ白な肌と ツンとした乳首、弾力ありそうな大きなバスト。
「なーんだよー美優、ジロジロ見てーハズイよー笑」
「ジロジロなんて見てないし」
そう言いながらも、自分の声はうわずってる。
でも、なんとかその場は 自分を押さえ、お風呂を出た。
バスタオルを巻いて、二人で ベッドに腰掛け
「さっぱりしたーホント助かったよー美優」

「ねーさっぱりしたよねー」舞の横顔を 見ながらさっき見たバスタオルの中を思い出し、ドキドキしている。
「下着、新しいのあるから、使って。」
と、言いながら わたしが先に、バスタオルを取り下着を付けだすと、舞も
「ありがとう」って、バスタオルを取った。
「あ、ダメじゃん舞、ちゃんと拭けてないよー笑まったく子供みたいなんだから」
と、言い
バスタオルを取り、舞の身体を 拭きはじめた。
「えっーそうかなー笑」
一緒にお風呂に入ったせいか、あまり恥ずかしがらずに、舞は立ったまま子供みたいに わたしに身体を預けて拭かせている。
わたしは 膝を付き
「ほらっ、足とかなんか全然拭いてないじゃん…」
(かわいぃおまんこ…)
フトモモを拭きながら、ちらっと舞の嫌がってないか、表情を確認して、両ももを両で押さえ、一気に舞のおまんこへキスをした。
「ちょっ、美優?」
わたしは かまわず、割れ目に唇を当て、おまんこに吸い付き、クリトリスを舐めた。
「えっえっ?」
驚いて、腰を引く舞。
その動きに 合わせるように 舞をベッドに強引に座らせる形になり、おおいかぶさるように、ベッドに押し倒した。
いきなりの おまんこへの愛撫が、正解だったのか 感じ始め 可愛い声が漏れる。わたしは 今迄想像し続けた舞のおまんこを イク迄舐め続け、その後も、弾力のある乳房を 揉み続けて イカせ、乳首を舐め続けては イカセた。
想像し続け、憧れ続けた舞が わたしのものになった。朝迄 愛し続けた舞、途中からは キスして来たり、抱き着いて来たりしたかわいい舞。
もうわたしのもの!離さないから…
 
1 由佳里 2016-02-25 19:27:35

両親は3つ上の姉ばかり褒める。頭もあたしよりいいし何でもあたしよりで
きる。姉の言事には逆らえない。台風の夜姉があたしのベットに入ってき
た。一緒に寝てるうちに姉があたしの胸に触ってきてビックリしたら「黙っ
てなさい!」って キスされて下着脱がされアソコ舐められちゃった 気持
ち良かったし何しても勝てない出来のいい姉が一生懸命あたしのアソコを舐
めてる姿を見てなんだか嬉しくなった。
 
1 美優 2016-02-25 19:26:12

私は35歳ですが去年の10月に隣の家の娘と同級生(14歳)が赤ちゃん見に家に来てたとき母乳を飲んでるところを見てみたいと言ってきたので吸ってるところをみせて飲み終わったとき私たちも飲んでみたいなと言ってきて「え~!?なにそんなこと言ってんのよ(笑)」といったけど2人してウルウルと子猫のような瞳で見つめられてしまい飲ませてたことが始まりで愛し合ってます♪
毎日学校帰りに寄っては母乳を飲んでいます
そして私も実はこの子達の頃に近所の7歳上のお姉様とレズってたときがありました。そのころ私が経験したことと同じように私が彼女たちから勢い良く流れでてくる生暖かい体液の全てを飲んでいます
なんだかこれをするときは身体の心から満足感に満たされてる自分が信じられないけど若い子のエネルギーをもらえるって最高ですね
いつか彼女たちの母乳を飲んでみたいと思ってますけど、そんなころ私はいいオバサマになってるでしょうから嫌がられるかもね(笑)
 
1 美優 2016-02-25 19:25:17

各地に被害をもらたした台風9号。あの日…

わたしは 大学の近くのマンションなので、被害と言えば ビニール傘が壊れたくらいでした。
シャワーを浴びて、帰り途中に買って来たお弁当を 食べようとした時、携帯が鳴った。[舞]だ☆舞は 同じ大学の友達、実はわたしは 会ったその日から、このコを好きに なっている。モチロン、告白等してないし、気持ちを悟られないようにしている。
その舞が、バイト終わって帰ろうとしたら、台風の影響で電車が止まってて 帰れない、どーしょーという電話だ。「うちに来れば」途中まで迎えに行き、部屋に戻った。
「凄かったねー傘二人共こわれちゃったねー」
「うん、歩くのもやっとだったもんね」

傘も壊れ、二人共びちょ濡れ。シャツが透けてオレンジ色のかわいいブラが見える。ドキドキと胸が高鳴り、声が震える。
「舞、お風呂入らなくちゃ、風邪ひいちゃう、よ」
「美優だって、ビッチョリじゃない、一緒に入ろー(笑)」
くったくの笑顔の舞に 自然に「うん」と答えられた。
初めて見た、舞の身体… 想像していたとうり、まっ白な肌と ツンとした乳首、弾力ありそうな大きなバスト。
「なーんだよー美優、ジロジロ見てーハズイよー笑」
「ジロジロなんて見てないし」
そう言いながらも、自分の声はうわずってる。
でも、なんとかその場は 自分を押さえ、お風呂を出た。
バスタオルを巻いて、二人で ベッドに腰掛け
「さっぱりしたーホント助かったよー美優」

「ねーさっぱりしたよねー」舞の横顔を 見ながらさっき見たバスタオルの中を思い出し、ドキドキしている。
「下着、新しいのあるから、使って。」
と、言いながら わたしが先に、バスタオルを取り下着を付けだすと、舞も
「ありがとう」って、バスタオルを取った。
「あ、ダメじゃん舞、ちゃんと拭けてないよー笑まったく子供みたいなんだから」
と、言い
バスタオルを取り、舞の身体を 拭きはじめた。
「えっーそうかなー笑」
一緒にお風呂に入ったせいか、あまり恥ずかしがらずに、舞は立ったまま子供みたいに わたしに身体を預けて拭かせている。
わたしは 膝を付き
「ほらっ、足とかなんか全然拭いてないじゃん…」
(かわいぃおまんこ…)
フトモモを拭きながら、ちらっと舞の嫌がってないか、表情を確認して、両ももを両で押さえ、一気に舞のおまんこへキスをした。
「ちょっ、美優?」
わたしは かまわず、割れ目に唇を当て、おまんこに吸い付き、クリトリスを舐めた。
「えっえっ?」
驚いて、腰を引く舞。
その動きに 合わせるように 舞をベッドに強引に座らせる形になり、おおいかぶさるように、ベッドに押し倒した。
いきなりの おまんこへの愛撫が、正解だったのか 感じ始め 可愛い声が漏れる。わたしは 今迄想像し続けた舞のおまんこを イク迄舐め続け、その後も、弾力のある乳房を 揉み続けて イカせ、乳首を舐め続けては イカセた。
想像し続け、憧れ続けた舞が わたしのものになった。朝迄 愛し続けた舞、途中からは キスして来たり、抱き着いて来たりしたかわいい舞。
もうわたしのもの!離さないから…
 
1 直美 2016-02-25 19:24:29

私は46歳の未婚です。
最近、同じ会社の36歳(既婚:優子)パートの女性と仲良くなりました。
もともとHな性格(いつも欲求不満ぎみ)なので、優子と飲みに行ってもH
な話ばかりで盛り上がっていました。
酔った勢いもあって優子は女性経験も話してくれました。
優子の女性体験を聞いて、正直に身体が熱くなりました。その場ではやっぱ
りちんちんが好きよと言っていた私ですが。。。。女性のあそこを舐めるな
んて想像できなかった私が、家に帰って一人でオナニー、そしていつもと違
い、ビショビショに濡れた自分の指先を優子の名前を叫びながら自分の愛液
を舐めながらイってしまいました。
そう言えば、優子が女性経験を話出した時から、じっと見つめられていた様
な気がします。
次に飲み行くと危険ですが、ここ半年くらいSEXしていないので、優子に
キスされたり、舐められたりするくらいならいいかな?って思います。
こんな文章書いてたらまた、優子の唇が頭に浮かんできました。
何か自分でも変です。女性との初体験チャンスがあれば経験した方がいいかな?
 
1 裕美 2016-02-25 19:23:42

28歳の主婦です。
過去に何回かレズ経験があります。
といっても恋愛関係じゃなく、ただ一瞬の快楽を味わいたいだけ。
同性にイカされる、同性をイカす屈辱的な快感。
男じゃ味わえないんですよね。
結婚はしたものの、やっぱり女性との体験は忘れることができず、
同性愛系のHPを見ては、悶々としています。
同性愛の出会い系も興味あるけど、なんか怖くて…
とあるショッピングセンターのお花屋さんにたまに顔を出します。
そこには同じ歳の亜紀子ちゃんがいます。
気さくでいい感じ。
『同じ匂いがする…』

お花屋さんに行くときはちょっと挑発的な服になっちゃいます。
結構鉢植えの花など、低い場所に置いてあるので、
ゆるめのタンクトップなんか着てしゃがんで花を見ていると
横で立って見ると胸元は丸見えになりますよね。
亜紀子ちゃんを挑発しています。
この前はホットパンツ攻撃。
「裕美さんって綺麗な足してますよね~」
『(よし!いける!)そんなことないよ。なんだったら触ってみる?』
「いいんですか~?ホントにさわっちゃいますよ!」
『いいよっ!』
「冗談ですよっ!」
軽く誘いながら、亜紀子ちゃんが今度うちに遊びに来る約束を
してくれました。
10日後の朝9時。気温はもう30度を超えています。
「おはようございます!差し入れもって来ました。」
冷え冷えの缶ビール。程よくクーラーで冷えた部屋で朝から2人で宅呑み。
「裕美さん、旦那さんいるんだ」
『でも、Hはしないよ、ほとんど』
「裕美ちゃんって、女の子好きでしょ!最初にお店来た時から絶対そうだっ
てわかっちゃった」
このときには私の太ももを亜紀子ちゃんは触っていました。
『やっぱ、わかるんだよね。同じもの同士。私も亜紀子ちゃん、そうだって
わかったよ』
「しても、いいよ」
女の子とするのは5年ぶり。
酔いがまわっているので、大胆になっています。
やっぱ、女の子とのキスは最高です。
亜紀子ちゃんの全身を舐めてあげて、感じる場所を見つけ、
集中的に首を攻めてあげました。
亜紀子ちゃんのあそこはグッショリ。キラキラ光っています。
アナルを指でなでていると、
「ねえ、穴吸って~!お尻の穴吸われると……」
亜紀子ちゃん曰く、内臓まで吸いだされそうなくらいの快感を得るらしいで
す。私もしてもらったけど、これは気持ちいいよ!

お花を買った次の日は、「明日、遊びに来てね」のサインです。
その花をリビングに飾って亜紀子を迎えます。
 
1 ゆっこ 2016-02-25 19:22:51

私は今大学3年生なのですが、高校で知り合い今では一番の親友の子が気になって仕方ありません。
大学も同じで学校の行き帰りもほとんど一緒で、学校が休みだとメールしたり毎日メッセもしています。
彼女も私のことをすごく好いてくれているのも分かっています。
ですが彼女が他の子とメッセしていたり一緒に遊んだりしているのが分かるととても落ち込みます。
高校のときからそーいうのは少しはあったけど、大学に入ってからは更にそーいった感情が大きくなりました・・・
そんな自分が嫌で嫌でうざくてつい彼女にも冷たくあたっちゃったりします。

だけどこれが恋愛感情なのかはわからないんです・・・
高校から女子校だし女の子も好きだけどちゃんと異性のことも好きだしレズではないと思ってました。
ときどきオナするときも異性とのセックスとか想像するんですけど、たまに彼女の顔がちらつきます。
けど彼女を犯したいとかそーいう事したいって願望はないです。

恋愛なのか友愛なのか自分でもよくわかりません・・・

だけど一番一緒にいたい相手は彼女なんです
やっぱり恋愛感情で彼女のことが好きなんでしょうか・・・
何かアドバイスなどあったらよろしくお願いします。

下手な文章でここまで読んで下さってありがとうございました。
 
1 友華 2016-02-25 19:21:58

高校3年生のときアメリカの女の子がうちにホームステイしたことがあります。
高校の国際交流とかで来た子でした。父が海外駐在員だったことがあって英語がで
きたので、ウチがホームステイ先に選ばれたんだと思います。
 10日ほどいたんですけど、4、5日目あたりから私をじっと見つめるようにな
ってきて、6日目あたりにいきなり大人のキスをされました。キスし終わったとき
その子が涙ぐんでいてびっくりしました。

 それからは夜になると、その子がこっそり私の部屋にきて胸をみせっこして吸っ
たり、裸になってアソコをなめあったりしました。胸もお尻もすごく大きくて、う
らやましかった・・・。その子はよつんばいになってお尻を高く上げてなめてもら
うのが好きでした。お尻は白い桃みたいでした。
 私もアソコにやさしく指をいれてもらって何度もイキました。学校でもまわりに
誰もいないときに制服のスカートをめくられてお尻を触られたり、下着を下ろされ
てアソコをさわられたりしました。
 
 むこうじゃシャワーは一人でするものらしいんですけど、その子とはいっしょに
お風呂にも入りました。もちろん洗ったあと指でアソコをいじりっこして・・・;

 最後の夜にはその子と愛し合ったあと裸のまま抱き合って寝ました。別れるとき
は涙がとまりませんでした。いまはいい思い出です・・・。
 
1 礼香 2016-02-25 19:20:57

19さい短大生です。
両親と弟は ぉ盆休みに父の田舎へ出掛け、わたしは バイトが休めなくて一人留守番になりました。

バイトから帰って来たのが、夜の11時頃でした。
わたしは 自宅のドアの前でかたまりました。
鍵がないんです。
家を出る時に 持って出なかったみたいで…1年前に越して来て近くに友達もいない…
母に携帯したら、「まったくしょうがないわね!鍵屋さんに連絡して開けてもらいなさいよ、ぉ金はお母さんの部屋の引き出しにそれくらいぁるから」
近くの鍵屋さんはつながらなく…遠いところだと 時間もぉ金もかかると…
 
「どうしよう…」ため息とともに、ドアにもたれかかりしゃがみ込んでしまいました。
ガチャ「こんばんは~どうしたの~?」
隣りの部屋の奥さんが 携帯のやりとりが、聞こえたらしく心配して声をかけてくれました。
25~6才で 小野真弓サンに似たカワイイ感じの人です。普段は挨拶くらいしか しないけど、こんな時だったので、大声で携帯してたことを 謝りながら事情を説明すると「それじゃあ大変じゃない、うちにいらっしゃいよ、どうせわたしも 一人だし」 ご主人は先月から出張で中国へ行っているそうで…そう言えば最近旦那さんは見ていなかったような…
 
何回か お断りしたけれど、結局「ぃいからぃいから」に、甘えおじゃましました。
「何て呼べばぃい?わたしは[みはる]だけど」
「あ、はぃ礼香って言います」
凄く話しやすいひとで、とても初めて会話したとは 思えないくらい、リラックスして話しははずみました。
「みはるさん、キレイですよね~弟なんかいつも、隣のキレイな人ってよんでるんですよ~」
「えっ~そーなの?ウレシイかも。でもね~自分のお姉さんの方が、全然カワイイのにね~」
「あはっ、そんなーわたしなんか全然ですよー」
「もてるでしょ?彼氏は?」「あーどーだろぅ、微妙ですね~彼氏はぃないですよ」
 
「そうなの?わたしが男だったら、絶対アプローチしちゃうんだけどな~(笑)」って、わたしの顔をジッと見られドキッとしました。
「みはるさんだったら、わたしも惚れちゃうかもですぅ(笑)」
「ホントかなぁ~?」
「ホントですよっ」
「絶対?」
「ぅん(笑)」
みはるさんが、わたしの隣りに座り「礼香ちゃん、チュウしよっ…」
顎を軽く持たれ、唇を塞がれ驚いてる間もなくTシャツをまくられブラを外され乳房を揉まれ…「み・はるさん?」 女性とこんなになるのは モチロン初めてだったけど、こんなにカワイイ人ならいいかも…みはるさんに何回もイカサレ、昨日まで愛の3日間を過ごしました
 
1 ぴーすちゃん 2016-02-25 19:19:56

私は高校2年の時にそれっぽい体験をしました。
友達と3人で飲んでいた時の事です
友達はすごく酔っ払っていました!
私も結構酔っ払ってましたが・・・(汗)
もう寝ようと思い電気を消し、寝ようとしてるとB子がやめてよ~(笑)
と言い始めました、何してんだよ?と私が言うとB子がA子が胸揉んでくる~と言ってきました!
ふざけていると思いほっといたら、A子が私の布団に入って来て!
もともと前からA子は酔っ払うとキス麻になる人でいきなりキスされました!
私は始めビックリしましたがその時は酔っ払っていたので・・・・
まぁいいかっと思い寝たふりをしました!
するとA子が寝たのー?と言いながら!胸を揉んで来ました!するとB子もふざけて胸を揉んで来ました!
それでも寝たふりをしているとブラを外されました。さすがに恥ずかしくなり!やめてよ~と言いました。
2人とも酔っ払ってるし!ふざけてたから本気で嫌がれなく・・・・
A子にキモチイ?とかからかわれちゃいました!
当時私は経験がありましたが・・・・
さすがにまんこは嫌だと思い拒否りました。
A子は結構Sぽく!乳首をコリコリしてきました。私はぶっちゃけ気持ち良く、興奮していました!
そのうちA子は乳首を舐めたりあまがみしたりしてきました、B子はA子の胸を揉んでいました・・・
A子は調子にのりクリまで触って来ました!
私の体はびくっとなり声がでちゃいそうで怖かったです。
そのあともA子は耳を舐めてきたり。首を舐めてきたり乳首に息を吹き掛けてきたり。
すごいテクニシャンでぶっちゃけ逝きそうでした!

そのあとB子の喘ぎ声が激しくなり見てみたら!
A子のテマンでびちょびちょにされていました・・・
たぶんB子は逝ったと思います!

朝起きてお酒って怖いと思いました・・・・